外回りからデスクワークへの転職!

自分の足で渡り歩き、話術で顧客を獲得する。そういった営業の仕事が向いていないのではないかと思い始めたのは、新入社員として入社して直ぐのことでした。

初めはみんなそんなものだろう、時間が解決してくれるに違いない、自分にそう言い聞かせ続けてきたものの、二年たっても一向に営業という空気に馴染めず、私は転職を考えるようになりました。

自分に向いている仕事というのもそもそも分からなかったので、転職サイトを利用して、とりあえず専門のアドバイザーに相談にのってもらおうと思いました。サイトに登録すると直ぐに時間をとってもらうことができたので、私ははやる気持ちを抑えつつ面接の場所へと向かいました。

アドバイザーの方はさすがにプロだけあって、私の話を真剣に聞き、幾つかの求人を紹介してくれました。デスクワークが大半を占めたその求人は、私にとってはどれも初めての経験となるものでしたが、アドバイザーはまだ経験のないことを希望できる年齢だから心配しなくても良いといってくれました。

そのまま二人三脚の活動をした結果、私は転職を速やかに行うことができました。就職が決まる前に転職先の会社での業務内容を知れたので、心の準備をした上で、私は新たな一歩を踏み出しました。

今はストレスのない職場で、自分に合った仕事をしています。