jfanp93kadk4k のすべての投稿

美容プロのエステティシャンへの就職方法

エステティシャンというと美容知識の多い方が多いです。サロンへの就職方法となると主に専門学校で技術や知識を学ぶ。もしくは求人情報から入社して社内で知識や技術を学ぶといった2通りの方法があります。医療技術とは違い、現在ではエステティシャンになるために資格などは必要ありません。

大手エステサロンでは自分たちの専門学校なども併設されており、就職にも有利になるケースもあります。また美容専門学校で学びどこかのサロンに就職して経験をつんだあとにプライベートサロンとして、独立開業をするといった方も存在しています。

エステ業界というは営業時間が長く、やめる人も多いのが特徴とはなっていますが、しっかりとした知識と技術を持つことで人気スタッフやお店を構えることもできます。また美容関連に詳しい方や強くなりたい方にもオススメの就職先となります。

求人を探す場合には一般誌のような紙媒体の求人情報誌にはあまり募集が少なく、メインとはネットから探す方が情報量や求人案件も多いのが特徴となります。エステといったもジャンルは様々です。脱毛や痩身、ネイルやヘア関連など多くのジャンルに分かれていますので、自分にあった就職先というのは探すことができるのではないでしょうか。

ダイエットエステ特集に記載されている大手エステサロンに就職するにはやはり素人よりも美容系専門学校を卒業している方が採用率は高いとされています。

エステサロンで働く人に向いているのは、美容が大好き。他人を綺麗にしてあげる仕事がしたい。などをお考えの人には最適な職場ですね。自分自身も綺麗になることができますし、技術と知識さえ習得していけば手に職といったお仕事なので再就職なども困ることがありません。

女性の転職に関わってくる結婚や出産問題!

2年前に、転職をしました。

年齢にも転職が厳しくなってきているころだったので、思い切って決意し、転職活動に踏み切りました。

複数社受けてみて気づいたことは、女性の転職には、結婚・出産と言う問題がつきまとってくるということです。

私は、転職時には結婚も出産も予定はなかったのですが、どの企業でも必ずといって良いほど『結婚をしても仕事を続けるか?』『子供を持つとしたら、どのような働き方をしたいか?』という質問をされました。

なかなか、今の時点で具体的な答えを出すことはできない難しい問題ですが、継続して働く意思がある、というアピールをすることが企業にとって正解のようでした。

ただ、個人情報の観点から、あまり詳細な家族構成等については面接で聞くことが難しいらしく、企業側にとってもなかなか聞きたいことを全て聞ききれていないような印象も受けました。

本当にこの会社で働きたい!と思ったなら、後々で認識の相違があっては揉め事になるので、なるべく正直に、そして具体的に自分のキャリアプランや仕事と人生との関わり方について話すべきだと思います。

私は、結婚しても働きたい・ただし、長期的に働きたいので、拘束時間が極端に長いと
難しい旨を正直に話し、無事採用していただきました。

外回りからデスクワークへの転職!

自分の足で渡り歩き、話術で顧客を獲得する。そういった営業の仕事が向いていないのではないかと思い始めたのは、新入社員として入社して直ぐのことでした。

初めはみんなそんなものだろう、時間が解決してくれるに違いない、自分にそう言い聞かせ続けてきたものの、二年たっても一向に営業という空気に馴染めず、私は転職を考えるようになりました。

自分に向いている仕事というのもそもそも分からなかったので、転職サイトを利用して、とりあえず専門のアドバイザーに相談にのってもらおうと思いました。サイトに登録すると直ぐに時間をとってもらうことができたので、私ははやる気持ちを抑えつつ面接の場所へと向かいました。

アドバイザーの方はさすがにプロだけあって、私の話を真剣に聞き、幾つかの求人を紹介してくれました。デスクワークが大半を占めたその求人は、私にとってはどれも初めての経験となるものでしたが、アドバイザーはまだ経験のないことを希望できる年齢だから心配しなくても良いといってくれました。

そのまま二人三脚の活動をした結果、私は転職を速やかに行うことができました。就職が決まる前に転職先の会社での業務内容を知れたので、心の準備をした上で、私は新たな一歩を踏み出しました。

今はストレスのない職場で、自分に合った仕事をしています。

同じ業種でも会社によって違いがありました!

ブラック会社の社員画像

私がまだ20歳になった頃食品加工会社で事務員として働いていました、その会社が今でいうブラック会社なのでは?と思うくらい酷い会社でした。

面接の段階から採用担当の方からセクハラっぽい発言があり不審に思っていましたが入社するとさらに酷い物でした。

多忙な時に残業があるのは良いのですが残業代は出ないし事務員として入社したハズなのに食品加工の現場の方を急に手伝わされたりしました、急に出来る事ではないので手間取っているとベテランのパートさんから怒鳴られ「これだから若い小娘は」と言われた事もありました。

休みの前の日に急に出勤になったり(もちろん休日出勤代は出ませんでした)会社の飲み会は強制参加で嫌な事はたくさんありましたが我慢していました。

ある日残業をしていると上司がやってきていきなり後ろから抱きつかれた時に「辞めたい」と思い転職を考えました。

次の仕事を探していると親戚の叔父に自分の経営している食品加工会社で事務員を募集しているので働いてみないかと言われました。

叔父が経営しているし今の会社よりはマシだと思い今の会社を辞めて叔父の経営する会社に転職しました。

叔父の会社では残業代が出てセクハラ上司もいなくて安心出来ましたし、前の会社と同じ勤務日数なのに給料が髙くなったので転職して正解でした。

ちなみに私が前に勤めていた会社の前を通った事がありますが会社が倒産していました。

履歴書にプリクラを貼っていっても受かりました!

女性の画像

履歴書には必ず写真を貼らないといけないじゃないですか。でも転職をしたいときって大抵お金がないものですよね?

お金がないから転職をしたいのに、履歴書にさらにお金かけられませんって。
そこで私は転職するとき事前の電話でこう言いました。

「転職活動をするお金もないので、写真プリクラでいいですか?」って。

そうしたら担当の方は「ああ、いいですよー。」って即答してくれました。

「今無職なんですか」って聞かれたので「いやー、未払いが半年続いてまして」って言ったら「それは・・・逆にごめんなさい」って謝られてしまいましたけど。

でもやっぱり履歴書にプリクラを貼るっていうのは社会人としてはNGだと思うので、ちゃんと事前に確認をしたほうがいいとは思います。

私の場合は本当に、明日の食べ物もないってくらい貧乏だったので・・・。

でも身なりはきちんとしていきましたよ。スーツにちゃんとアイロンのかけたシャツ、髪の毛は黒くして爪は短く整えていきました。

貧乏でも清潔感は大事かなと思います。逆に言えば、清潔であれば結構な部分のカバーはできるかな?と思いますね。

あとは「どうしても働きたい」という意欲をとにかくアピールすることが大切です。
今は結局その会社で働けていますよ!

思い切って転職して正解でした!

人生は一度きりです。あの時あの仕事をやっていたらよかったと後悔はしたくありません。私は興味がある仕事があったらやってみます。

私が以前働いていた職場は、人間関係も良く仕事も楽で、毎日が楽しかったのですが、はっきり言って飽きてしまいました。

室内の仕事をずっとしていたので、外の空気も吸ってみたくなったのです。

皆に会えなくなるのは、寂しかったのですが、思い切って店長に、ここの仕事を辞めたいと言いました。そして退職しました。

何かいい仕事は無いかな?ネットや求人雑誌を見ていたら、ポスティングスタッフ募集の記事を見付けました。

企業やアパート・マンション、戸建にチラシを投函するだけのシンプルな仕事です。

これなら、外の空気も思う存分吸えるし運動不足解消や、ダイエットにもなります。上司の目も気にならないからいいかも!

面接に行ったら事務所の人たちが、お茶を出してもてなしてくれました。
そして直ぐに採用が決まりました。

仕事を始める時と終わった時は、きちんと報告して配布中はGPSをつけます。

特に早朝のポスティングは最高です。朝の空気は清々しくて気分爽快です。体重も少しづつ減ってきたので嬉しいです。

思い切って転職してよかったなと思います。

日本の企業から外資系へ転職して大変だったこと。

私は英語に興味を持ち、英文科の短大を卒業しました。

就職をする際には海外に支店のある商社を希望していたのですが、面接でことごとく落ちてしまい、結局は貨物航空代理店に就職することになりました。

しかも配属は経理部で、全く希望と違う部署だったのです。

経理というと難しくて暗くてつまらない、というイメージがあり、一時は5月病になったのですが、決算を続けているうちに段々経理の奥深さを知り、面白くなってきました。

新卒で入社して5年間勤務をして、どうしても英語を使う仕事がしたくなり、転職を試みました。

ジャパンタイムズで見つけたのは外資系のファイナンス求人でした。

面接を受けて無事採用になったのですが、外資系では財務会計が非常に強いことが分かりました。

常に社長室に呼ばれ、プレゼンの時にはチャート作りも任せられたのです。

もちろんオフィスでは公用語は英語ですので、存分に英語を話すことができました。

しかし外資系に入ったからは、日本人でも皆英語が話せて当たり前ですので、以前のように「英会話が得意です!」と言えないようになってしまいました。

しかも毎年一年間の目標を5つ立て、達成できないと昇給ができないという厳しい世界でした。

憧れの外資系勤務でしたが、日本の企業よりも厳しいというのは本当です。

合わない企業は早めにやめるのが吉!

どうしても自分に合わない企業に入ってしまった時には、早めに辞めて、転職活動することをおススメします。私は、以前限りなくブラック企業に近い会社で働いていました。

当初の話では、週休2日で時間外なしとの話でしたが、蓋を開けてみると、日曜日しか休みがなく、毎日時間外が5時間以上ある有様でした。

しかも当然のように時間外手当、休日出勤した手当ては出ません。最終的には、体調を崩して辞めてしまいましたが、自分が合わないと思ったら早めに辞めるほうが良いです。

短期間の転職は、マイナスになってしまいますが、体を壊すよりはマシです。早い段階で、今後この会社で頑張っていけるかどうかを見切りをつけることは、大事だと思います。終身雇用をしてくれるならまだしも、今はそんな甘い状況ではありません。自分を大事にすることが一番です。

私は、1年でこの会社を退職し、今度はじっくり仕事を探しました。やめる前に、3ヶ月間は仕事が見つからなくても仕方ないなと思っていたのですが、意外と簡単に働きたい仕事に出会いました。

今がその会社なのですが、大変満足しています。こうした出会いはタイミングです。良い会社を逃さないためにも、見切りは早くすることが重要です。

野外フェスが好きなら嬉しいアルバイトがコレ!

フェス好きなら損はないバイトの話。野外フェスの場内警備スタッフをバイトでしたことがあって、結構楽しかったなって。静岡の浜名湖でイベントがあって、同じ年代が200名くらい都内からバス移動して、フェス開催中は作業するの。大型の合宿みたいな感じで、なんだかんだ社員も統率取るのにうるさくは言うんだけど、でもまだ二十歳そこそこの連中が集まってるから、仕事に影響しない範疇でそれなりにいつも賑やかだったんだ。現地で担当セクションとか担当範囲とか割り当てられて、そこで働く仲間が大体、仲良くなって、野外フェスだったから、演奏中とかは生の演奏で、テンションも上がったし、朝は早かったけどお客さんも音楽聞きに来てて、楽しそうな雰囲気だからこっちも別にかしこまった態度でいる必要もないわけ。イベントを楽しんで、それなりに仕事したらお小遣いもらえたってバイト。担当範囲によっては外れもあるかもだけど、僕は楽しかったよ。

自宅で自由に仕事がしたい!

自宅で好きな時に仕事をするこれはSOHOといった働き方になります。自宅で仕事ができるのでかなり気楽に仕事ができるといったメリットがあります。会社に通うよりもこのような形で仕事をした方が捗る、力を発揮するといった方も大勢います。

会社に属していてもこのスタイルで仕事をする方も増えてきました。特にIT系は実力があれば会社に通う必要もなく自宅から仕事ができる傾向が強いです。

このようなSOHOスタイルの仕事はパソコンやファックスなどを活用して働くパターンが多いです。もしバイトでこういったスタイルで働きたい場合は一式揃える必要もありますし、なによりもパソコンをある程度のレベルで操作できることが前提となります。

メリットのある仕事ですが、実力が問われる仕事やバイトでもあるのでしっかりと考えて応募や求人電話をするようにしましょう。

この時代にSOHOスタイルの仕事はかなり増えてきていますので、まずは自分のスキルアップを目的に資格や専門学校に通う方も増えてきました。特にライターなどの仕事はクラウドサービスによって誰でも同じチャンスがあるバイトだと思います。人気もでてきましたしね。